東京-大阪の拠点間コミュニケーションを円滑にするため Surface Hub 2S を導入。新しいデバイスがコミュニケーションの「ハブ」となりオフィスの一体感が強化、社員が自発的に集まる環境を構築 – Microsoft

東京-大阪の拠点間コミュニケーションを円滑にするため Surface Hub 2S を導入。新しいデバイスがコミュニケーションの「ハブ」となりオフィスの一体感が強化、社員が自発的に集まる環境を構築  Microsoft
タイトルとURLをコピーしました